【入園入学準備なび】新入学・新入園児パパママ応援サイト!

小学校に入学したら必要になる学用品の準備【入学準備用品】

入園入学準備 > 入学準備 > 入学準備用品

入学準備用品

小学校入学は、子供にとっても親にとっても一大イベント!
学用品やランドセルなど、小学校生活に必要なものを入学までに準備しなくてはいけません。
学校によっては、必要なものをリストにして入学前に配布してくれるところも多いようです。
入学に当たって準備するものには、学校から指定された方法で購入するものと、それぞれ自分で購入するものがあります。
では、入学の際に揃えなくてはいけないものについてご説明していきます。

入学準備用品にはどんなものがあるの?

入学にあたって揃えるものには、通学時や学校での服装に関するものと学習に使う教材などの学用品に大きく分けられます。
入学で準備するものについては、入学前に学校で2月頃に開かれる入学説明会で詳しい説明がありますので、細々したものやどうしようかな?と迷ったものがあればとりあえずは買わないで、説明会を待っても遅くはありません。早めに買ったら、学校指定のものがあって使えなかったというのではもったいないですからね。
早めに揃えたいという場合には同じ小学校に通うお子さんのいる方に聞いてみるといいですよ。
この中には、手作りできるものもありますので、それについては「手作り入学グッズ」でご説明していますので、そちらもご参考にどうぞ。

小学校での服装

・制服

大抵の小学校は私服のところが多いですが、国立や私立の小学校では制服がある場合もあります。その場合は、制服も入学前に準備しなくてはいけません。
合格発表や入学説明会の時に制服についての説明や、採寸があるので確認しましょう。

・上靴(上履き)

学校で靴を指定しているところもあります。
床が汚れないように裏のゴムが白いもの以外は不可としている学校が多いようです。
室内での体育の授業の場合、そのまま上履きで授業を受けるところが多いので、バレーシューズなどの底が薄い靴では足を痛める心配がありますので運動靴タイプがいいでしょう。
低学年のうちは、紐靴ではなく、ゴムやマジックテープのついた着脱のしやすいものを選んであげましょう。
最近では、外反母趾防止のデザイン採用のものもあります。成長期の大事な足が半日以上履くものですので足を守り足の成長を妨げないものを選びたいですね。

・名札

名札は、校章などが入った学校指定のものを学校指定のお店で購入する場合が多いです。
安全ピンの取り扱いや、個人情報保護・誘拐を防ぐことなどから名札を廃止している学校も増えてきています。

通学時の服装

・通学帽

通学帽は、1年生の場合は、おなじみの黄色い帽子のことが多いですが、制服のある小学校では指定の通学帽が用意されている場合もあります。
地方によっては通学帽は必要ない・自由の学校もあります。

・通学靴(下靴)

小学校低学年では靴紐はまだあまり上手く結べないので、マジックテープなどで着脱のできるスニーカーなどがおすすめです。サイズが合わない靴は、転んだりしやすいので、すぐ大きくなるから大きめのものでいいやと安易に選ぶのではなく、サイズの合ったものをなるべく選ぶようにしましょう。
外での運動靴や休み時間の外遊びにも着用する場合がほとんどですので、走ったりしやすい運動靴タイプがおすすめです。

・レインコート

雨の日の通学時にはレインコート(雨がっぱ)も必要です。色は見通しの悪いところでも目に付きやすい黄色が、形はランドセルを背負ったまま着られるポンチョタイプがおすすめです。
急な雨に備えて小さく折りたたんでランドセルに入れておけるものも便利です。

・長靴

長靴も雨天時の通学には必要です。雨の激しい時に備えて準備しておくといいですね。

・傘

傘は学童傘として売られている50〜55cmが適しています。折りたたみ傘もありますが、低学年では自分で畳んだり組み立てたりするのが難しいので、普通の長傘の方がよいでしょう。折りたたみ傘は、急な雨の時のための置き傘として購入するのには適しています。子供は傘をなくしてしまうことが多いので、予備用も含めて2〜3本あってもいいかもしれませんね。

・防犯ブザー(防犯ベル)

防犯ブザーは、防犯目的で子供に持たせる親御さんが最近増えているアイテムです。
子供が使いやすいものを選びましょう。
小学校入学時に学校や地域から支給される場合もあります。

・レッスンバッグ

レッスンバッグは、お道具箱や教材を入れるのに使います。手作りのものもいいですね。

・シューズバッグ(シューズケース)

上靴などの持ち運びの時に使います。市販のものもありますが、手作りもいいですね。

小学校で使うもの(必要な学習用品)

・教科書

小学校の場合は、教科書は学校で用意しますので、親御さんが用意する必要はありません。
入学式や一日入学の時に渡されます。

・体操着(体操服・運動着)

体操着が必要な場合は学校指定のものがあることがほとんどですので、入学説明会で購入方法の指定があるので、それに従って準備しましょう。
体操着の指定がない場合は、体育の授業用にジャージやTシャツ・短パンなど季節に合わせたスポーツウェアを用意しましょう。

・体育館シューズ(運動靴)

上履き以外に、運動用の靴を別に用意する必要がある場合があります。学校指定があれば、それに添って準備しましょう。

・紅白帽

体育の時間や運動会の時によく使われるので、学校によっては準備する必要があります。

・水着

入学する時には揃えなくても構いませんが、6月頃のプール開きの時には必要になります。
指定の場合は、プール開きが近くなったら学校から指示があります。
水着は市販のもので自由でも、水泳帽は学校指定などという場合もあります。
水中メガネは年齢や視力などに応じて必要な場合は用意します。

・道具箱(算数セット)

学校指定のものがあり、個々に用意することは少ないようです。

・図工道具

図工用具にはクレヨン、水彩絵の具セット、のり、ハサミ、粘土セットなどがあります。
大抵は学校で指示されますので、必要なものを準備しましょう。

・楽器

学年や学校によって異なりますが、新一年生はカスタネットや鍵盤ハーモニカなどが多いようです。
幼稚園で使っていたものをそのまま使ったり、学校指定のものを購入したりします。

・文房具

 ⇒「文房具」のページを参照してください。

・書道セット

書写(書道)の授業がある際には必要です。必要な場合は学校の指示に従って準備しましょう。

小学校で使うもの(学習用品以外)

このほかには、普段持ち歩く身の回り品として、「ハンカチ」「ポケットティッシュ」などがあります。
ポケットティッシュは、手作りのものを作ってあげると、自分の持ち物という意識が生まれやすいので、なくしたり、忘れたりも防げますよ。
また、学校によって違いますが、「三角巾」「給食袋」「雑巾」なども準備が必要な場合もあります。

入学準備用品についての体験談

▼Nさんの体験談

小学校に入学する時には、入学説明会というものがあります。その時に入学の際の準備するものや手続き、新一年生の入学予定者などの説明を受けます。
初めて子供が入学するならいいのですけど、上にも子供がいるとそのたびに同じような説明をその回数分聞いているので、正直聞き飽きた〜と思う人が多いようです。Nさんも、3人目の子供にもなると、やっぱりあ〜また同じ説明だなぁと思ってしまったそうです。3人目ともなると、もう準備も慣れたもの♪とタカをくくっていたせいで、3月に入ってから文房具を買いに行ったら、品物が結構売り切れていて、欲しいものが買えなかったのだとか。Nさんは心の中で、子供にごめんね〜と謝ったのですって。
経験があるから準備は万全と言うかと、そうでもないのですね。

▼転勤族のAさんのアドバイス 「転勤の場合はどうするの?」

4月に転勤しての新入学の場合は、入学説明会なども既に終わってしまい入学準備用品などが不安ですよね。転勤が決まり、入学先の学校が分かった場合は早めに連絡しておくと安心です。
入学説明会などで配布された資料を渡してもらえたり説明をしてもらえます。
引越し後、役所に転入届を出す際に新入学や転校の手続きが必要な場合は、そこで手続きや入学する学校の連絡先などが案内されますので、それから速やかに小学校に連絡を取り、新1年生の入学担当の先生に取り次いでもらって説明を受けましょう。資料を手渡す都合や学校の下見にと出向くように指示される場合が大半です。

Copyright (C) 2007 入園入学準備なび お問い合わせ