【入園入学準備なび】新入学・新入園児パパママ応援サイト!

小学校6年間のスクールライフのパートナー・入学準備の代表的な学用品【ランドセル】

入園入学準備 > 入学準備 > ランドセル

ランドセル

ランドセル、という言葉を聞いたり見たりしたりすると、あぁ小学校の時に毎日学校に背負って行ったなぁと懐かしく思い出す人は多いのではないでしょうか?
小学校入学を控えたお子さんを持つ親御さんには、どんなランドセルを買おうか頭を悩ませている方も多いかもしれませんね。入学のお祝いにおじいちゃんおばあちゃんが買ってくれるというのもよくあることですよね。
小学校の6年間使うことになるランドセルですから、買う時もやっぱり気合が入るというものです。
安い買い物ではないだけにどんなものを選んだらいいのかはみなさん興味のあるところではないでしょうか?
ここでは、ランドセルの種類から選び方までをご紹介します。

ランドセルってどんなもの?

ランドセルとは、小学生が学校に通う時に教科書やノートや文房具を入れるための背負う形のかばん(背嚢)のことです。ランドセルが最初に使われるようになったのは、明治のことで、今の学習院の小学校です。
それが発端で小学生の通学鞄=ランドセルという図式ができていったのですね。
戦後になって義務教育の施行に伴い、全国的にランドセルが普及して現在に至っています。
ランドセルの形の元となったのは、江戸時代に導入された軍隊の兵士用の鞄です。
この鞄は当時唯一交易のあったオランダから輸入されたもので、「ランセル」と呼ばれました。
「ランドセル」という呼び名はこの「ランセル」に由来するもののようです。
ランドセルは日本の小学生に初めて持たれてからもう100年以上もの歴史があるんですね。
外国にもランドセルと似たような形をした背負うタイプの通学用の鞄はありますが、日本のランドセルのように丈夫な上に機能的という高品質のものは世界でもあまり例を見ません。
ランドセルは日本が世界に誇ることのできる高品質・高機能の子供用鞄なのです。

ランドセルの種類

ここでは、ランドセルの種類について、デザインや素材、重さ、色などのポイント別にご説明していきましょう。

ランドセルの形・デザイン

ランドセルはリュックタイプなので、他のショルダーバッグや手提げバッグなどと比較すると、より多くの学用品を運ぶのに大変適しています。
同じ量の教科書やノートなどを別のカバンに入れて手で持ったり、肩からかけたりするのはかなり大変です。背中に背負うことで、他の荷物を追加で持つこともできます。
加えて、登校時に両手が自由になるという点もとても優れています。なぜ登校時に両手があくと良いのかと言うと、転んだり、何か事故に合いそうになったりした時に、両手が自由なら、手を使ってそれを回避することもできます。また、ランドセルがクッション代わりになって仰向けに倒れた時に頭を地面に強打することが避けられたという話もあるようです。

昔はランドセルと言えばかぶせるタイプの他に、デイパックみたいな四角いファスナータイプのランドセルもありましたが、最近はもうファスナータイプはほとんど見かけることはなくなり、かぶせタイプのランドセルが主流となりました。かぶせタイプのランドセルの良い点は、とにかく収納できる量が多いことです。
かぶせタイプのランドセル以外に、最近女の子に(というよりお母さんに?)人気があるのがリセバッグ風のランドセル。かぶせの部分が少し短くなっていて、錠前(ランドセルのかぶせ部分についている留め具の部分)がランドセルの底ではなくかぶせの真ん中あたりについているのです。
そして、形はちょっと横長になっていて、まさにフランスのリセエンヌみたいでとてもかわいらしいと評判なのですよ。リセ風ランドセルには、錠前が1つのタイプと2つのタイプがあるようです。普通のかぶせタイプのランドセルと比べると横のマチが薄いので少々収納が少ないというのが難点かもしれません。

ランドセルの素材

ランドセルの素材には、大きく分けて、天然皮革と人工皮革があります。
天然皮革には、コードバンと牛革があります。
コードバンは、馬のお尻の部分の皮をなめした革のことです。1頭の馬から2枚しか取れないという貴重な皮なので、値段もそれなりで、皮としては高級なものであり、ランドセルの素材としては最高級なものとなります。コードバンは、とても丈夫で、牛革の3〜5倍の強度があると言われています。コードバンの良さは使い込むと出てくる独特の光沢と風合いと言ってもいいでしょう。ランドセルに使うのにはちょっともったいない(笑)くらいの素材なのです。
牛革はバッグとしてはスタンダードな素材ですが、その加工方法により様々な風合いがありますので、一口に牛革と言ってもツヤありやツヤ消しの加工の有無、型押し加工の有無でも見た目が変わってきます。
この写真はランドセルに使われる皮の見本を撮影したものです。
写真ではちょっと分かりにくいかもしれませんが、上の牛革と下の牛革では微妙に違いがあります。
スムースと書かれている牛革はつや消しタイプですが、上の牛革はつやのあるタイプです。
ランドセルに使われる皮人工皮革の代表として挙げられるのが、クラリーノです。「クラリーノ」という名前を聞いた事のある方は多いのではないでしょうか。「クラリーノ」は繊維の会社であるクラレが開発した人工皮革です。
クラリーノ以外の人工皮革では、帝人の「コードレ」、カネボウの「ベルエース」などがあります。
昔は、ランドセルは牛革製のものが主流でしたが、今では完全に逆転していて、クラリーノ製だけで市販のランドセルの7割を占めていると言われています。
クラリーノは大変優れている素材で、ランドセルのほかに靴やスポーツ用のボールなどにも使われています。
人工皮革でも「クラリーノ」は特別に高機能な素材ですから、値段は安くはありません。かなり低価格で販売されているランドセルに使われている人工皮革はまずクラリーノではないと言っていいでしょう。クラリーノと言うと光沢のあるピカピカした風合いがお馴染みですが、クラリーノにも天然皮革と同じような、ツヤありやツヤ消しの加工、型押し加工などの表面加工が可能です。写真にあるようにクラリーノもスムースやソフト、型押しの加工があります。

素材ではなく、皮の表面加工についても少しお話しておきましょう。
ランドセルの皮には表面に色々な加工を施したものがあります。代表的なものは光沢の加工です。
ランドセルでは皮に光沢を出して表面をピカピカに仕上げる場合と光沢が出ないように表面のツヤを消して仕上げる場合があります。ツヤありの場合は、ピカピカしていて綺麗なのですが、手入れをしないと手の跡がくっきり・・・なんていうこともあるので、まめにお手入れをできるお子さんには向いているかもしれません。反対に、つや消しタイプの場合は、表面に光沢がないので、新品でも新品らしく見えないというデメリットはありますが、傷がついても目立ちにくく、汚れも目立ちにくいのでお手入れをまめにしなくても構わないというメリットもあるので、活発な子供向けと言えるかもしれません。
また、型押しの加工のランドセルはあまり見かけなくなりましたが、これも傷が目立ちにくいというメリットがあります。

ランドセル素材比較〜長所&短所

それぞれの皮ごとに長所と短所を一覧表にまとめてみました。
選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

  長所 短所
人工皮革
  • 軽くて防水性に富む
  • 値段が安い
  • 耐久性が皮に比べると弱い
クラリーノ
  • 軽くて防水性に富む
  • 型崩れしにくい
  • 手入れが楽
  • 光沢が長年残りやすい
  • 手垢や指紋などが目立つ
  • 皮と比べると若干耐久性が弱い
牛革
  • 丈夫で耐久性に優れている
  • 使い込むと独特の風合いが出る
  • 少々重い(1000g以上)
  • 安価のものが少ない
コードバン
  • 型崩れしにくい
  • 磨くと美しい光沢が出る
  • 使い込むと独特の風合いが出る
  • 量が少ないので値段が高い
  • 使い始めは皮が固い
  • 他の皮に比べると重い

ランドセル素材写真〜見比べてみてください

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、素材ごとのサンプル写真です。
耐水性がわかるように、水滴をのせて撮影しています。

牛革

ランドセル皮見本(牛革)

牛皮

ランドセル皮見本(牛スムース)

牛皮スムース

 
クラリーノ

ランドセル皮見本(クラリーノ)

クラリーノ

ランドセル皮見本(クラリーノ・ソフト)

クラリーノ(ソフト)

ランドセル皮見本(クラリーノ・スムース)

クラリーノ(スムース)

ランドセルの重さ

ランドセルの重さは、大体750〜1500gぐらいです。
ランドセル自体の重さに教科書などの学用品の重さが加わりますから、背負う時の重さは5kgほどになる場合もあります。超軽量と言われているランドセルには800gを切るものが多いです。
一般的にランドセルの素材として知られるクラリーノに代表される人工皮革には軽量のものが多く、牛革は人工皮革に比べると多少重くはなりますが、昔の牛革と比べると、技術改良が進んでだいぶ軽量化も進んでいます。
時代と共にランドセルも徐々に移り変わっているようで、昔はランドセルと言えば牛革製のランドセルが主流でしたが、ここ最近はクラリーノなどの人工皮革製のランドセルが主流になってきています。

ランドセルのカラー(色)

昔は、ランドセルと言えば男の子は黒、女の子は赤、というのが当たり前でしたが、最近はランドセルもだいぶカラフルになってきています。全部で24色なんていうカラーランドセルを売り出したお店もあるくらい、カラーランドセルは普及してきました。
しかし、相変わらずの売れ筋はやはり黒と赤なのだそうです。地域によっても違いはあるかもしれませんが、地方に行けば行くほどその傾向が強くなるということはあるようです。
だからと言って、都会がカラフルなランドセルがたくさん売れているかというとそうでもなくて、意外と定番カラーを購入される親御さんも多いです。
その理由として挙げられるのが防犯上の問題です。最近は物騒になってきているので、あまり目立ち過ぎて登下校の時に何かあっても困る、という理由で、奇抜な色はあまり親御さんには好まれないということで、男の子なら定番の黒のほか、濃紺や紺、深緑、女の子なら定番の赤のほか、ワインレッドや濃いピンク色がよく売れているのだそうです。一概にみんな違っているのが良いという訳でもないのですね。
ですが、ほとんどの地域では新入生の1年生や低学年の児童には、交通安全の黄色いカバーをつけさせることも多いので、低学年のうちはランドセルの色はあまり関係ないという話もあります。
また、高学年になるとランドセル以外のカバンで通学する児童も出てくるという学校も多く、ランドセルを購入する時には子供が通う小学校の状況も確認しておくと参考になるかもしれませんね。

防犯ブザー付ランドセル ブラック 6年間品質保証付【★オリジナル雑貨店中西工房★(筒井美佐男本舗のかばん、オリジナルZIPPO製作、限定ディズニー腕時計などなど1000アイテム)】 防犯ブザー付ランドセル  セピア 6年間品質保証付【★オリジナル雑貨店中西工房★(筒井美佐男本舗のかばん、オリジナルZIPPO製作、限定ディズニー腕時計などなど1000アイテム)】 防犯ブザー付ランドセル ネイビー 6年間品質保証付【★オリジナル雑貨店中西工房★(筒井美佐男本舗のかばん、オリジナルZIPPO製作、限定ディズニー腕時計などなど1000アイテム)】 防犯ブザー付ランドセル  ターコイズ 6年間品質保証付【★オリジナル雑貨店中西工房★(筒井美佐男本舗のかばん、オリジナルZIPPO製作、限定ディズニー腕時計などなど1000アイテム)】
防犯ブザー付ランドセル  スカイブルー 6年間品質保証付【★オリジナル雑貨店中西工房★(筒井美佐男本舗のかばん、オリジナルZIPPO製作、限定ディズニー腕時計などなど1000アイテム)】 防犯ブザー付ランドセル  ロイヤルブルー  6年間品質保証付【★オリジナル雑貨店中西工房★(筒井美佐男本舗のかばん、オリジナルZIPPO製作、限定ディズニー腕時計などなど1000アイテム)】 防犯ブザー付ランドセル オレンジ 6年間品質保証付【★オリジナル雑貨店中西工房★(筒井美佐男本舗のかばん、オリジナルZIPPO製作、限定ディズニー腕時計などなど1000アイテム)】 防犯ブザー付ランドセル  ピーチブロッサム 6年間品質保証付【★オリジナル雑貨店中西工房★(筒井美佐男本舗のかばん、オリジナルZIPPO製作、限定ディズニー腕時計などなど1000アイテム)】
防犯ブザー付ランドセル ピーチ 6年間品質保証付【★オリジナル雑貨店中西工房★(筒井美佐男本舗のかばん、オリジナルZIPPO製作、限定ディズニー腕時計などなど1000アイテム)】 防犯ブザー付ランドセル チェリーピンク 6年間品質保証付【★オリジナル雑貨店中西工房★(筒井美佐男本舗のかばん、オリジナルZIPPO製作、限定ディズニー腕時計などなど1000アイテム)】 防犯ブザー付ランドセル ローズ 6年間品質保証付【★オリジナル雑貨店中西工房★(筒井美佐男本舗のかばん、オリジナルZIPPO製作、限定ディズニー腕時計などなど1000アイテム)】 防犯ブザー付ランドセル カーマイン 6年間品質保証付【★オリジナル雑貨店中西工房★(筒井美佐男本舗のかばん、オリジナルZIPPO製作、限定ディズニー腕時計などなど1000アイテム)】

ランドセルの選び方

ランドセル選びのポイントとしては、重さと耐久性と機能が重要です。
まだ体格の小さい子供にとっては、ネックになるのはやはり重さです。軽いものを希望ならクラリーノに代表される人工皮革のランドセルがおすすめです。人工皮革であれば、ほとんどのものは1kgも切ります。

次に、耐久性についてですが、現在市販されているランドセルについては、ある一定の値段(市価で2万円以上)のものであれば、ほぼ耐久性については問題はありません。昔は、耐久性を求めるなら牛革、軽さと耐水性を求めるならクラリーノなどの人工皮革と言われていましたが、現在では、技術の進化によって、それ程の差はなくなってきています。女の子の場合はそれ程心配はありませんが、男の子の場合は、耐久性にも配慮しましょう。有り余る元気のパワーの恩恵を受けてランドセルも影響大でボロボロ・・・なんていうことも男の子にはよくあることです。修理が必要になることが多いのも男の子のランドセルが圧倒的に多いようです。

最後に、機能についてですが、ランドセルの機能としてよく言われるのが背カンの部分のスライドです。
背カンと言うのは背負いベルトをかばん本体につける留め具の部分のことです。普通のリュックなどでは、通常はこの背カンは縫い付けられていて、スライドするような仕組みにはなっていませんが、ランドセルの場合は、成長に伴って肩幅も大きくなりますから、その体格の変化に応じて体にフィットしやすいようなスライド機能がついていることがほとんどです。現在市販されているランドセルで「天使のはね」「フィットちゃん」「フリフリ背カン」「スライド背カン」「スイング背カン」「NEWのびのびメカ」などの名前の機能には、形状に違いはあっても体格に合わせるという点ではほぼ同じ効果があります。

ランドセルの価格についても少しお話しておきましょう。
ランドセルと一口に言っても、その価格帯は結構幅広く、値段はピンからキリまであります。
一般的には、ブランド物のランドセルや天然皮革使用のランドセルは値段も高く、ノーブランドで人工皮革のランドセルが値段も低いという傾向になります。
コードバン(馬の皮)使用のランドセルは安くても5万円以上で、牛革になると2万円台から4万円台が主流です。人工皮革でもクラリーノでは2万円台から3万円台、それ以外の人工皮革では2万円台くらいまでが主流です。その他、例えば最近人気の無印良品のポリエステルやナイロンを使用しているので1万円以下で購入できます。
1万円以下で買える人工皮革のランドセルは、個人的には皮の部分の機能がクラリーノに比べると少々見劣りするように思いますので、安価なランドセルを買う場合には、機能や素材をしっかりチェックしてから購入すると良いでしょう。

男の子用に最適なランドセル

男の子は元気にランドセルを扱うことが多いので、丈夫なものが向いていると言われています。
素材でいうと、コードバンや牛革なら丈夫なので、少々乱暴に扱っても耐久性に優れています。
ただ、前述の素材は少々重さもあるので、体格の良い子向きです。軽いものでも廉価な人工皮革のランドセルは、耐久性に不安もありますので、活発なお子さんでランドセルを投げたりすると、破損してしまう場合もあります。購入の際は値段だけでなく、耐久性や強度にも配慮することもお忘れなく!
傷のつきにくさを重視するのであれば、ピカピカしたつやありのものではなく、つや消しタイプの皮のランドセルの方がおすすめです。表面に光沢があると目立つ傷がついてしまうとちょっと気になってしまいますが、つや消しだと意外に気にならないという利点もあります。

ランドセルのカラーとしては、男の子向けは一般に「黒」「こげ茶」「紺」「濃紺」「ブルー」「水色」「黄色」「緑」が多いと言われています。

女の子用に最適なランドセル

女の子は男の子と比べると、軽いランドセルが向いていると言われています。
軽さで選ぶのであれば、やはりクラリーノなどの軽量化されている人工皮革のランドセルが向いています。また、軽さで選ぶのであれば、ナイロン製のものを選ぶという選択肢もあります。女の子であれば、傷もあまり心配ないでしょうから、光沢のあるつやありの皮素材を使ったランドセルでも問題ないでしょう。

女の子の場合は、色にもこだわりたいという人が多いようです。昔は女の子は赤いランドセルというのが定番でしたが、最近ではピンク色を選ぶ人も増えているようです。女の子だとリセタイプのちょっと横長のものがカワイイ!とこだわりを持って選ぶお母さんも少なからずいるみたいですね。
ランドセルのカラーとしては、女の子向けは一般に「赤」「ワイン」「ローズ」「ピンク」「オレンジ」「黄色」「茶色」が多いと言われています。

アフターサービス

ランドセルは、毎日学校に背負っていく以上、稀に破損してしまう場合もあります。
男の子だと、学校から帰ってきたらランドセルをボンッと投げてしまう、なんていうこともあるかもしれませんし、友達とふざけていてフックが取れてしまった、なんていうこともないとは言い切れません。
ランドセルを扱っているお店では、実際にランドセルの持ち込み修理が年に何回かあるそうです。
修理が必要になるのは、やはり留め具や金具、フックなどの部品の破損が多いようです。
通常の使用で壊れてしまったランドセルを修理に出す場合には、保証書がある場合には無料で修理が可能ですが、修理に出してから戻ってくるまでは発送などの手続きにかかる時間も含めて2週間〜1ヶ月程度は見ておきましょう。その間、お店によっては代替用にランドセルの貸し出しをしてくれるところもありますので、お店に買う時に確認しておくといいでしょう。

ランドセルの場合は最長で6年間使用するものですから「絶対」壊れないということは言い切れませんので、修理が必要になった時のことを考えて購入するといいでしょう。
万が一、修理が必要になった時には大抵は購入したお店に持ち込めば対応してくれます。
もし、転勤で他の土地に行く可能性がある場合には、全国に店舗のあるチェーンストアなどで購入しておくと、もし引越ししてしまうことがあっても安心です。おじいちゃんおばあちゃんが買ってくれるという場合には、お子さんの住んでいる地域にも展開しているチェーンストアや百貨店で購入すると、そちらでアフターサービスしてもらうことが可能となります。
修理で気をつけなくてはいけないのは、ランドセルの使用方法によっては有償での修理になる場合もあるということです。通常の使用であれば、ランドセルは十分な耐久性のあるものですが、例えば、カッターなどで故意に皮を傷つけたり、油性マジックなどで落書きをして落ちなくなってしまったり、という場合は、壊れてしまったとは言いにくいので有償修理となるケースがほとんどでしょう。特に外側を覆うようにして一枚皮で作られている「かぶせ」の部分に故意に傷をつけてしまうと、その部分全部を取り替えることになるので、修理の金額もかさんでしまいます。
そんなところでもお子さんに物を大事に扱うようにというしつけが大事になってくるかもしれませんね。

ランドセル選びのチェックリスト

ランドセルを購入する時のチェックポイントを以下にまとめてみましたので、購入の時に参考にしてみてくださいね。

チェック 項目 具体的なチェックポイント
  価格 予算内におさまるランドセルか?
  素材 色むらや傷がないか?
  縫製 縫い目が均一で丁寧に縫製されているか?
  使用感 背負った時のフィット感はどうか?
  防水性 雨が降った時に耐えられる加工がしてあるか?
  汎用性 身長が伸びても問題なく背負える設計になっているか?
  重量 中に物が入った時に子供が背負える重さか?
  安全性 反射材、フックなど、安全に配慮した設計になっているか?
  学校指定や地域に合っているか?
  デザイン 子供の気に入っているデザインか?
  使い勝手 留め具などは子供が使いやすいものか?
  大きさ A4サイズ対応か?教科書が入るサイズか?
  保証 6年間の保証マークがついているか?
  アフターケア 万が一修理の必要になった時の受付方法は?

ランドセルのお手入れ

ランドセルは長ければ最長6年間は使うものです。長く使い続けるには、それなりのお手入れも必要です。ここでは、ランドセルのお手入れ方法についてご説明します。

ランドセルが汚れてしまったら?

ランドセルは、革製品でもあります。なので、牛革の場合は普通の鞄と同じようなお手入れをするとよいでしょう。汚れが気になったら、靴用のクリーナー(汚れ落とし)で構いませんので、汚れを落とします。その後、乾いたふきんなどで空拭きをし、柔らかいキレイな布で保護クリーナーを塗布して乾いたら、防水スプレーをかけておくといいでしょう。
人工皮革の場合は、中性洗剤などを布につけて汚れを拭き取った後に、固く絞ったふきんで水拭きして乾いたら、保護クリーナーを塗布します。

ランドセルが濡れてしまったら?

雨などでランドセルが濡れてしまった場合には、なるべく早く乾いた布で水気を拭き取って、陰干ししましょう。牛革の場合、乾いたら保護クリームなどを塗ってあげると効果的です。
人工皮革の場合は、耐水性もあるので、水気を拭き取いて乾かしておくだけでOKです。

ランドセルの皮が固くなってしまったら?

長い間使い続けていると、ランドセルの皮も固くなってくることがあります。
牛革などの天然皮革のものに多いのですが、皮が固くなるのは、皮の油分が抜けてしまうためです。その場合には、皮用の栄養クリーム(保護クリーム)をすり込んでおくと、柔らかさがもどってきます。ただし、塗りすぎると、皮が柔らかくなり過ぎるので、ランドセルにはよくありませんので注意してください。クリームを塗る時には、シミにならないように全体に薄く伸ばしながら塗るのがコツです。
もし、皮用のクリームがない場合には、メイク落としなどでも代用することができます。

ランドセル選びの体験談

▼Mさんの体験談「ランドセルの大きさが違うこともあるんです」

二人のお子さんがいるMさん。上の子の時に既にランドセルの購入は既に経験済みなので、下の子も楽勝♪と同じ値段のランドセルを選んで購入。
ところが、家に帰って上の子のランドセルと比べてみたら、下の子のランドセルの方が大きかったのだとか。ランドセルを背負ってきょうだい二人が一緒に並ぶと、体の小さいことも手伝って下の子のランドセルの方が余計に大きく見えてしまうのだそうです。
ランドセルってみんな大きさは同じなのかと思っていたのだけど、大きさの違いってあるのですね。

▼Aさんの体験談「せっかく色にこだわったのに・・・」

Aさんのお子さんは女の子ということで、ランドセルも今流行のカワイイピンクを選びました。
昔はランドセルも女の子は赤一辺倒でしたけど、最近は色々なカラーランドセルが出てきて、ピンク色でもバッチリ♪ お母さんも娘さんもかわいらしいランドセルに大満足。あぁ、早くランドセルを背負ったわが子の通学姿が見たいわ〜と思っていたAさんですが、学校が始まってみたら、1年生は交通安全に配慮して新入生のうちはランドセルに黄色のビニールカバーをつけなくてはいけないということで、せっかくこだわって買ったピンク色も黄色いカバーをつけたら見えなかったんです。
今のところ、ピンクのランドセル姿を見たのは入学式の日だけ。安全に登校するためには仕方ないけど、なんだかちょっと残念だけど、入学式の記念写真にはちゃんと写っているし、まあいいか〜と納得したのだとか。

Copyright (C) 2007 入園入学準備なび お問い合わせ