【入園入学準備なび】新入学・新入園児パパママ応援サイト!

幼稚園や保育園・保育所に通う時の持ち物や服装の準備のアドバイス【通園グッズ・服装】

入園入学準備 > 入園準備 > 通園グッズ・服装

通園グッズ・服装

入園すると、幼稚園でも保育園・保育所でも通園する時に必要なものがいろいろあります。
そのほとんどは、幼稚園でも保育園・保育所でも大差がありませんので、ここではまとめて通園時の持ち物や服装について取り上げたいと思います。
通園時に必要になものは、既に持っているものをそのまま使えるものは使っても構わないと思います。
子供はすぐに大きくなってしまうので、あるものをそのまま利用して、それが小さくなって使えなくなったら買い換えるという感じでも全然構わないと思います。入園だからと言って、一から十まで全て新品で揃えなくてはいけない、なんていう決まりはありませんから、優先順位を決めて、新しく購入するかどうかも判断してみるとよいでしょう。
ここでは、通園時の持ち物と服装の2つに分けてご紹介していきます。

通園の時の持ち物にはどんなものがあるの?

通園時の持ち物として最も代表的なものとしては、やはり毎日通園する時に持って行くバッグでしょう。それまでは、毎日同じカバンを持って出かけるという習慣がないのですから、お子さんにとっては、そのバッグ=通園という認識となると言ってもいいかもしれませんね。通園グッズは、その幼稚園、保育園・保育所によって違いがあり、小学校入学の時に比べると園の方針によってまちまちであることが多いです。実際に入園説明会に参加すれば、必要なものがはっきりしますので、ここでは、ご参考までに一般的に通園グッズとして知られているものについて取り上げたいと思います。

新たに必要となる場合が多いもの

通園時の持ち物として、新たに購入する必要があるものには、次のようなものがあります。

・通園バッグ・園児バッグ(園児ショルダー)

通園の時に持ち運びの必要なものを入れるカバンです。
園児の場合は、背負うタイプではなく、斜めがけにするショルダーバッグがほとんどと言っていいでしょう。中に入れるのは、毎日持っていく出席ノートやお弁当くらいなので、バッグはそれほど大きいサイズは必要ないようです。まだ小柄な幼児には、ナイロンや合皮などの軽く防水性のある素材で作られたものがおすすめです。

通園バッグは、どちらかと言うと、幼稚園では園指定のバッグがあることが多く、保育園・保育所では指定がない場合もあります。指定がない場合には、市販のものを購入して使います。
百貨店・総合スーパーのバッグ売場や鞄・袋物専門店へ行くと販売されています。よく園児バッグという名前で売られている合皮製のショルダーバッグを見かけたことのある方もいるかもしれませんね。
市販のものは、無地かディズニーキャラクターやサンリオのキャラクター、テレビアニメのキャラクターがプリントされているものが多いです。色は、赤、青、黄色、ピンクなどが多いようです。
店によっては、入園シーズンの12〜3月頃のみ取り扱う季節商品としている場合もあります。
その場合は、カタログなどを参照して、取り寄せになる場合が多いですが、メーカーも通年在庫を持っている商品ではないので、希望の通園バッグが手に入らないこともあるかもしれません。

・出席ノート・連絡帳

毎日の出席をチェックする出席ノートや園と家庭の連絡用のノートなどは、大抵は指定のものを使用しますので、入園の時に案内があります。

・シューズバッグ(上靴入れ)

園内で履く上履き(上靴)を家へ持ち帰る時に使います。市販のものか園で手作りを指定される場合があります。

・レッスンバッグ・お道具袋・絵本袋

通園バッグには入らない園で使用した道具(クレヨン、お道具箱、楽器など)や作ったもの(絵や工作)、絵本などを持ち帰る時に少し大きめのバッグが必要となる場合があります。
毎日使用するものではありませんが、週末や長いお休み前には必要です。市販のものか園で手作りを指定される場合があります。
中に物を入れるので、破れにくいしっかりした生地を使った軽いものがおすすめです。
大きさはあまり大きいと引きずってしまうので、サイズが大き過ぎず、底に補強のあるものがよいでしょう。

今持っているものをそのまま使えるもの

通園の時に必要になる場合がありますが、特に新たに購入して揃えなくても現在持っているものをそのまま使用できるものには、次のようなものがあります。

・傘

雨の日に必要となります。幼稚園の場合は園バスが用意されていますから、お迎えに行く時に傘を持参していくのならば、お子さんにはレインコートを持たせるだけで傘を使う機会が少ないかもしれません。園によっては、危ないという理由で園バスの中に傘を持ち込まないように指示される場合もあります。

・ハンカチ・ポケットティッシュ

幼稚園入園準備」「保育園入園準備」でも書きましたが、お名前つけをすれば今まで持っていたものもそのまま使えます。

通園の服装にはどんなものがあるの?

登園や降園の時の服装は、入園の時に園指定のものを揃えることが多いです。後で季節が変わった時に、追加で揃えるものの案内があるくらいでしょうか。
通園時の服装で費用がかかるとしたら、制服があることの多い幼稚園の方だと思います。
幼稚園や保育園・保育所では、制服があるとないとでは、準備の程度も全然違います。制服と言っても、頭のてっぺんから足の爪先までフルで揃える場合と帽子や上着の園服だけという場合ではかかる費用は全然違います(安いところでは数千円程度ですが、高いところでは20万円近くかかるところもあるそうです)。しかも制服には、冬服・夏服という2パターンあるんですよね。

園指定の通園時の服装には、次のようなものがあります。

  • 名札
  • 制服 ※冬服・夏服がある場合もあります。
  • 通園帽・園帽 ※冬用・夏用があります。

その他に用意するものとしては、次のようなものがあります。
幼稚園の場合は4月入園ですから、冬物については11月頃に揃えるだけでいいでしょう。
保育園・保育所は途中入園ということもありますから、入園時の季節に合わせて揃えることになります。

  • 雨具(レインコート・長靴)
  • 防寒具(コート・手袋・耳あてなど)

通園グッズ準備についての体験談

▼Rさんの体験談「予想外の収入減と出費増加でWパンチ!」

Rさんは子供を保育園に預けて、夫のKさんと共働きをしていましたが、タイミング悪くKさんが転勤になってしまい、泣く泣くRさんは退職することに。
転居先でも保育園を探しましたが、希望に合うところはなく、仕方なく子供を幼稚園に通わせることにしたのですが、決めた幼稚園は私立幼稚園。それまでは保育園で制服はなかったのだけど、今度入園する幼稚園には制服があります。全部揃えたら〆て5万円の出費。
しかも、その他に入園金もかかるし、収入も減ったのに、出費もかさんでまさに「泣きっ面に蜂」状態。

Copyright (C) 2007 入園入学準備なび お問い合わせ