【入園入学準備なび】新入学・新入園児パパママ応援サイト!

入園入学準備 > コラム > ネット通販でなくお店で子供靴を選ぶときに大事な7つのポイント

入園・入学準備をする際にも必要な、正しい子ども靴の選び方を紹介します。成長期の子供の足は骨が柔らかく変形しやすいため、子供の足によく合った靴を選ぶ必要があります。

ネット通販でなくお店で子供靴を選ぶときに大事な7つのポイント

  • 子供の靴はこまめに買い換えてあげる

    子供の靴はこまめに買い換えてあげる

    子供の靴選びは、足の成長を妨げないように足に合ったものをこまめに買ってあげるのが大事。子供時代の靴選びが足の将来を左右する。

  • 子供靴選びの7つのチェックポイント

    子供靴選びの7つのチェックポイント

    ‖腓すぎないか、⊂さすぎないか、7舛呂匹Δ、いかとはどうか、ザ覆る場所、α悩燹↓歩きやすさはどうか、などをお店で調べてみる。

  • 子ども靴は通販よりもお店で

    子ども靴は通販よりもお店で

    子供靴選びは試し履きが必須。知識のあるシューフィッターがいる店だとなお良い。ただ、パパの靴はネット通販でもOK。

 
 

入園・入学の準備では上履きや外靴など、いくつかの靴を準備しなければなりません。

大人が靴を買うときはデザインや値段で選ぶのが当たり前ですが、成長期の子供の靴を選ぶときにはサイズや形などをしっかり調べ、「足と靴が合っているか」が一番重要になります。

正しい発育を左右する子供靴選び

入園・入学の準備をするときだけでなく、ぐんぐん成長する子供の靴選びは毎年毎年やっていかなければなりません。
すぐに履けなくなってしまうので、子供の靴はなるべく大きめの靴でなるべく安くとなってしまいがちですが、子供時代に履く靴は足の将来を左右するため、きちんとしたものをこまめに買ってあげなければいけません。

通販で買ってしまう前にお店でチェック

ネット通販は便利ですが、子ども靴は実際に履いてみて慎重に決める必要があります。通販で買ってしまう前にできればお店で確認したいところです。

チェックすべき7つのポイント

靴屋さんで確認するときは以下の項目をチェックすると良いでしょう。

1.靴が大きすぎないか?

子供靴選びでは、「すぐに大きくなるから」と言って大きめのサイズをつい買ってしまいがちです。
大人のイメージでは1cmくらい大きいサイズでも大丈夫だろうと思いますが、子供の小さい足にとっての1cmは大人の足で考えると2cmくらい大きいことに相当します。小人のアリエッティがまち針を剣にしていたのと同じことで、大人と子供の「1cm」は違うのです。
2cm大きいとだいぶ歩きづらくなってしまいますよね?

さらに子供の場合は、

  • 合わない靴で歩いていると不自然な歩き方になってしまう
  • 靴の中で足がすべって前に詰まり、指がぶつかって変形しやすい(巻き爪やハンマートゥの原因に)

という問題があります。
したがって、靴はなるべく5mm単位で合うものを選び、年間で2、3足を買い換えてあげるくらいの気持ちでいてあげましょう。

2.靴が小さすぎないか?

子供は靴が小さくなっていても自分から 「靴が小さくてやばいんですけど」 とはなかなか言いません。筆者の子供時代もなんとなく空気を読んで「靴小さい」とあまり言わなかったような気がします。
いつまでも小さくなった靴を履いていると、子供の足の骨はまだ柔らかいため、外反母趾などの変形の原因になってしまいます。したがって、親が定期的にチェックしてあげましょう。

靴は大きすぎても小さすぎてもだめで、つま先部分に8〜12mm程度のゆとりがあると良いとされています。
靴選びの際に、そのゆとりがあるか判断が難しければ専門のシューフィッターに聞いてみるのがおすすめです。

3.靴が足の形にあっているか?

10人の子どもがいれば、10人の足の形があると言われています。靴の形もさまざまなため、足のサイズだけでなく足の形にあったものを選ぶ必要があります。先の細い尖った形の靴はおしゃれですが、足先が窮屈になってしまうため避けたほうが良いでしょう。

4.かかと部分の安定感はあるか?

正しい姿勢で歩くためにはかかと部分の安定が大事です。しっかり足が固定できるのが安全なため、上の子のお下がりを使う場合はかかと部分が弱っていないか、底がすり減っていないかを確認する必要があります。また、いくら脱ぎ履きがしやすくてもスリッポンはかかとが安定しないためおすすめしません。

5.靴が足と同じ場所で曲がるか?

歩いたり走ったりするときに足は指のつけ根部分が曲がります。靴もその部分と同じ場所で自然に曲がる必要があります。

6.靴の素材はどうか?

子供の足は新陳代謝がよく、たくさん汗をかくので吸湿性と通気性が良い素材がおすすめです。また、履きやすい伸縮性のあるものや適度な衝撃吸収力のあるものが良いでしょう。

7.試し履きをしてみてどうか?

試し履きは必ず両足で行い、少し歩いてみなければなりません。キャラクターのデザインにまどわされず、歩きやすい靴を選ばせましょう。

子供の靴選びが終わったら、ついでにパパの靴も

本革仕様の革靴 【ポールスミス通販】

子供が入園・入学したらパパもよそのママ・パパたちと顔を合わせることが多くなります。「○○ちゃんのパパ、とんでもない靴はいてたわねー」と噂になったら大変ですね。パパの足はもうしっかりしているので通販で買っても大丈夫でしょう。

買ったあとも定期的なチェックを

子供の足は、生後間もなくでは大部分が軟骨で形成されていて、成長とともに足がしっかりしていきます。女子は16歳、男子は18歳ころにようやく足の機能が完成するため、それまでは足にあった正しい靴選びが重要です。

靴を買ったあとも足と靴がきちんとフィットしているか、定期的なサイズチェックが必要です。

成長期の子ども靴を買う場合は、値段やデザインでなく、子供の足にあった靴を選ぶのが一番大事なのです。

Copyright (C) 2007 入園入学準備なび お問い合わせ