【入園入学準備なび】新入学・新入園児パパママ応援サイト!

入園入学準備 > コラム > 【パパ・ママ必見!】子供の為にも必要な生命保険の見直し

もし、自分の身にリスクが生じたときの保障に生命保険が多く選ばれているそうです。家族や子どもがいる人の加入が多くみられ、プランによって保障内容に違いがみられるようです。
これから生命保険への加入を考えている人のために、保険で重要なことを紹介していきます。

【パパ・ママ必見!】子供の為にも必要な生命保険の見直し

  • どう選ぶ!?保険会社の決め方

    どう選ぶ!?保険会社の決め方

    もしものことがあったときのために…。家族や子供のためにできることとして、生命保険に加入する人もいるようです。保険の選び方をご紹介!

  • 生命保険の見直しは重要!

    生命保険の見直しは重要!

    生命保険は、日常生活の中で転機が訪れたときに見直すのがベストなんだそうです!見直すことで節約に繋がることもあるようです。

  • 子ども保険というプランも充実

    子ども保険というプランも充実

    子ども保険とは、入学祝などの保障を受けることができるプランなんだとか。子どものためを思えば入っておくのも良いかもしれません。

 
 

生命保険は、保険会社を選ぶことが肝心なようです。高ければ良い保険という訳ではなく、安ければ安いほど良いという訳でもないんだとか。自分に適した保険内容・高さ・幅を選ぶことが重要とされています。

自分に合った保険かを見極めるには、ファイナンシャルプランナーに相談すると◎!

生命保険の加入を考えている人に!

生まれてきた子どものために出来ることとして、生命保険について考える人も多いそうです。
特に男性は、父親として、また一家の主として家族を支えていく立場にあります。家族の収入源として重要となっていくようですが、もしも…という想定を考えて、生命保険に加入する人もいるようです。

しかし、生命保険は多くの種類があるため、どの保険がいいのか分からず、適当な保険に加入する人や選びきれずに加入できないでいる人もいるようです。
生命保険選びにおいて、必要となること等を見ていきましょう。

初めが肝心!生命保険の選び方

生命保険とは、多くの人によって保険料を平等に負担しあい、身に危険が起きたときに給付を受けることができる制度のことを言うそうです。
身体に何らかの病気を患ったときや怪我をしたとき、事故などで死亡したことによって、収入の減少や家計を維持できなくなった場合の損失を埋めるための生活保障でもあるんだとか。

生命保険を選ぶ際に重要視するべきは、保険料の高さ(金額)と保障期間(幅)とされています。
保険料の高さは、生命の危機に関わるときや病気を患っている場合、老後の生活を考慮し、備えられるものが良いとされています。
保障期間(幅)は、将来の収支を考えて、一定か一生涯かを決める必要があるそうです。
一定期間であれば、人生の転機となる子供の独立や退職、年金の支給が開始されるまでというように決めることが出来るんだとか。

生命保険には、終身保険・定期保険・養老保険などがあり、それぞれの保険に対して備えるプランとなっているようです。また、生命保険には掛け捨てと貯蓄型があるとされています。
掛け捨ては、死亡事故や怪我が生じた場合において加入している期間のみ保険金がおりるシステムになっており、貯蓄型は決められた年数の間、保険料を払い続けると満期後も死亡時に保険金がおりるシステムになっているようです。

ソルベンシーマージン比率

保険会社は、保険金などの支払いに備えて責任準備金というお金の積み立てを行っているんだとか。しかし、その責任準備金を上回ってしまうほどの何かが起きた場合において、それに対応し、支払えることが出来るかどうかを判断する基準をソルベンシーマージン比率と言うそうです。保険会社の安全性を表す数値でもあり、数値が高いほど良い保険会社と言えるそうです。

また、保険会社への加入を迷っている人は、事前に無料の相談窓口に相談して、信頼できる保険会社を見つけると良いでしょう。生命保険会社の安全性を格付けしたランキングもあり、そちらも参考にすると入りたいと思える保険会社が絞れることと思います。

タイミングはいつ?生命保険の見直し時期

生命保険に加入した後は、プランの見直しをすることも大切です。生命保険の見直しは、自分にとって転機(結婚や妊娠・出産、マイホームの購入、就職、子どもの独立、保険の満期更新など)となる時がそのタイミングのようです。

生命保険を見直すことは保険料を節約することもでき、子どもがいる家庭でしたら重要となってくるようです。
また、保険会社には、保険に関する提案や金融システムに優れたファイナンシャルプランナー(FP)という資格者がいるので、自分の生命保険が現在の状況に適しているのかを見極めてもらうことがおススメです。

ですが、保険会社の中には生命保険の見直しを委託し、委託された会社が行っている所もあるようです。委託された会社にはFPを持ったプロフェッショナルが多く配置され、無料出張なども行っているそうです。

保険会社から委託されて、生命保険の見直しを行っている会社は意外に多く、個人情報の取り扱いや内容などが充実しているようです。

子どもにも必要!?将来のための積み立て

近年の生命保険には、保険会社によって子どもが加入できるプランもあるそうです。
子どもの生命保険には、将来必要になる費用を考慮した学資保険が多いようです。子どもの入学祝い金や契約満期時に満期保険金を受け取ることが可能とされています。
さらには契約をしている両親が亡くなったときや重度の障害が生じた場合は、保険料支払いが免除になることもあるんだとか。入院費などに対する保障は少なく、子どもの教育資金が準備できることを重視した保険とされているようです。

保険会社によっては、学資保険に医療保険が一緒になったプランがあったり、病気などによる入院費や事故などによる死亡給付金など、生命に関わる場合に備えた保障を重視したプランなどがあるようです。

Copyright (C) 2007 入園入学準備なび お問い合わせ