【入園入学準備なび】新入学・新入園児パパママ応援サイト!

入園・入学準備なびは新入園・新入学の準備のいろいろを分かりやすく解説するサイトです

『入園入学準備度チェック』で、あなたの入学準備への気合と準備の進み具合をチェックしてみましょう!

入園入学準備

「入園入学準備なび」へようこそ!
このサイトは、お子さんを初めて入園や入学をさせることになったパパやママのために入園や入学の準備をする上で必要な情報をまとめたものです。

入園や入学は、子供の成長の節目としてとても大事な区切りの行事ですよね。
そんな大切な行事でも子育て初体験のパパやママにとっては分からないことだらけ!
どうしたらいいの?と思うことの連続かもしれません。
「入園入学準備なび」は、そんな不安やお悩みを解消するナビゲーション的な存在になれたら・・・と作成しました。本文中では、準備に関するアドバイスや豆知識、先輩ママの体験談を交えて、入園準備や入学準備の解説をしています。少しでもお役に立てたら嬉しいです!

入園準備入学準備入園・入学Q&A

入園入学準備に役立つ、印刷して使えるチェックリストをご用意しました。
入園入学に備えて、学用品・通園グッズ、手作りのものを用意する際のチェックに是非お使いください。

チェックリストはこちらから→ 入学準備用品幼稚園入園準備保育園入園準備

チェックリストはPDFファイルにて提供しています。 閲覧・印刷にはAdobeAcrobatReader(無料)が必要です。

入園・入学ミニ知識

これからお子さんが通う場所になる幼稚園・保育園・小学校ってどんなところ?
そんな疑問に簡単にお答えします。

幼稚園・保育園・保育所とは?

「幼稚園」は文部科学省管轄の学校教育法に基づく教育施設(学校)であるのに対して、「保育所」は厚生労働省が管轄する児童福祉法に基づく児童福祉施設です。
「保育園」というのは、幼稚園に対応した呼び名で、「保育所」というのが正しい名称です。
「幼稚園」は、満3歳から満5歳で入園し、2年保育と3年保育があります。
保育にあたるのは幼稚園教諭の資格を持つ教員です。国立の幼稚園は大学などの教育機関に併設して設置されることが多く、全国でも国立幼稚園の数は少なく、1都道府県に1園程度です。圧倒的に多いのは私立幼稚園で、全国の幼稚園のほぼ6割は私立幼稚園です。一般に公立幼稚園は2年保育のところが多く、3年保育は私立幼稚園が多いと言われています。
「保育所」は、親が働いているなどの理由がある場合に、親に代わって子供の面倒を見てくれるという保育をメインにした施設です。「保育所」で保育に当たるのは「保育士」の国家資格を持つ保育士です。
幼稚園に比べると、保育時間が長く、幼稚園では受け入れの対象ではない、0歳児から入園することができるのが特徴です。入園は定員に空きがある場合に随時可能で、4月入園のみの幼稚園とは違い、年度の途中での入園となる場合もあります。公立の場合は、親の収入によって保育料が決められていることが多く、収入によっては保育料も高額になる場合もあります。

小学校とは?

「小学校」は、日本国憲法の第26条に定められている義務教育の9年間のうち6年に当たる期間を過ごす初等教育機関です。ここでいう義務教育とは、子供が教育を受ける義務ではなく、親が子供に教育を受けさせる義務のことを指します。小学校は義務教育ですから、教科書は無償で配布されます。
小学校への入学の対象は、4月1日の時点で満6歳の子供です。
小学校も幼稚園と同様に国立、公立(市町村立)、私立の小学校があります。
国立小学校の場合は、選抜試験による合格者と附属の幼稚園からのエスカレーターで入学者を決定します。
国立小学校の場合は、通学地域や通学時間などに制限があることが多いです。
公立小学校は、学区と言われる地域ごとに設置されていて、国立や私立の小学校に進まない場合は、学区の小学校に通うことになります。
私立小学校は、国立小学校と同じで、選抜試験による合格者と附属の幼稚園からのエスカレーターで入学者を決定します。学校によっては、小学校に入学できればそのまま附属の中学校、高校、大学と進学できる学校もあり、そのような学校は人気が高く、「お受験」のための幼児教室や塾に通わせる親御さんも多いようです。

入園・入学についての体験談

▼Hさんの体験談「国立幼稚園って結構大変・・・」

Hさんは、家の近所に国立大学の附属幼稚園があるので、近いし通うのも楽そうだから、ダメもとで受けさせてみようかしら?とお受験対策もして、運よく見事合格!そして、晴れて附属幼稚園にわが子を入園させたそうです。
Hさん自身は子供の時私立の幼稚園に通ったので、国立の幼稚園は自分の子供が初めての体験。
昔の自分の感覚と同じように考えていたら、同じ幼稚園なのに全然違う!
私立幼稚園には定番の園バスはないので、親がお迎えをしなくてはいけません。
給食はなくて、昼食はお弁当のみ。しかも、お弁当は1日おきなのでお弁当のない日もあります。
自分の時は幼稚園は給食だったのにな〜とぼやきつつ、お弁当作りも何とかこなしているHさん。そんなHさんも大変だなぁと思うのはお弁当のない日。朝9時前に子供を連れて幼稚園に行くのですが、お弁当のない日はなんと11時半で幼稚園は終わり。子供を預けた後に家に帰ってあれこれしながらハッと気づくともう11時で、お迎えに行く時間。幼稚園に預けているのに、あまり預けている気がしないなぁなんて思ってしまうのだとか。小学校に入学するのがちょっぴり待ち遠しく思ってしまうのですって。

プライバシーポリシー | Copyright (C) 2007 入園入学準備なび 函館 WEBデザイン